お部屋探しはここで決まり!東京シェアハウスベスト6

top > シェアハウス情報 > 東京でのシェアハウスの人間関係

東京でのシェアハウスの人間関係

シェアハウスを利用する場合には、個室以外はみんなで使うということなので、東京などの家賃が高いところでメリットがありますが、経済面だけではないメリットもあります。
例えばひとりでは借りられないような広い部屋を共同で借りるわけですから、広い開放感のある空間で生活ができるということがあります。
シェアの良い部分ですが、その他にも共同で生活をするということなので、都会での孤独感を持たなくてもすみ、馬が合う人とのシェアであれば友人もできるかもしれません。
また助け合わないといけなくなりますので、共同生活でのセキュリティ対策にも有効です。
馬が合わない人同士では難しくなりますが、その時には、別なシェアハウスを探して移動できます。
契約の内容をよく確認しておき、移動しやすいところを選ぶこともできます。
メリットを活かすと生活もしやすくなります。



東京でのシェアハウスのルールなどの確認

東京などの都市部のシェアハウスでは、入居者も増えるので、色々なタイプのシェアハウスがあります。
メリットがあればデメリットもあるということですが、メリットでは経済面が楽になることですし、デメリットとしてはプレイベーとな空間が少なくなるということがあります。
自室を借りるのであれば、その中は自由にどんな格好でも生活ができますし、まわりの迷惑をかけなければ自由に生活ができます。
しかし、シェアハウスの場合は共同生活ということになるので、お互いの生活のルールを守る必要もあります。
プライバシーを尊重したり、同居の人たちの性格の把握や接し方を学ぶ必要もあります。
経済面のメリットの分、プライベートを一部犠牲にするということがあります。
会社の寮などのコンパクト版のような感じです。
そのほか共有スペース時間制限で使うということも理解する必要があります。



東京に上京したらシェアハウスへ

東京に上京する気でいるのならば、シェアハウスに住むことをおすすめします。
水道光熱費やインターネット代などの諸々の費用が家賃に組み込まれていることがほとんどなので、東京都内であっても、通常の一人暮らしに比べて毎月の生活費をかなり安く抑えることができます。
よって、かなりおすすめです。
うまくやりくりをすれば、貯金をすることができるのではないでしょうか。
また、オープニングメンバーとして入居することができれば、途中から入居する場合に比べて、さらに家賃が安くなることもあります。
住みたい街に新しくシェアハウスができるという話を聞いたら、チャンスかもしれませんので、常にアンテナをはっておくと良いでしょう。
シェアハウスに住む場合、メリットも多いですが、もちろんデメリットもあるのでそれを頭に入れておきましょう。

次の記事へ