お部屋探しはここで決まり!東京シェアハウスベスト6

top > シェアハウス情報 > 東京でのシェアハウスの適度な人間関係

東京でのシェアハウスの適度な人間関係

東京でシェアハウスの利用では、それぞれが経済的な理由などで入居するわけなので、入居者同士での適度な居期間も重要です。
例えば実家での家族の生活も共同生活ですが、お互いプライバシーを尊重しあまり深入りをしないようにします。
何かあった時には協力をして、そのトラブルなどを防いだり解決をしたりしますが、普段は干渉ぜずに迷惑をかけないように対処するというスタンスでちょうどよいということになります。
仲良くなればそれに越したことはありませんが、契約期間だけの人間関係ということも考えて、共同生活をしていくということがいちばん無難な生活の方法になります。
そして、共同生活をする相手によって、対応も変わってきますので、人生勉強ということでも、人間関係の勉強にもなります。
社会に出ると日常生活は自由になりすぎるのでシェアハウスの生活はルールを守る良い体験になります。



東京のシェアハウスでの生活の注意点

東京でのシェアハウスのメリットは経済面をはじめとしていろいろありますが、デメリットとしての注意点もあります。
とくに今まで自由にできたことが自由にできないということなどもあります例えば風呂なども時間帯が決まっていますし、トイレなども共同になります。
あまりにも人数が多いと使い方が悪くなり、汚れたりすることもありますが、少人数の場合には、それぞれの作業が当番制になるので、室内もきれいに保たれます。
汚す場合も誰かすぐにわかるので、気をつけるようになります。
問題点としては、生活のパターンが同じ場合に、日常生活の作業が重なってしまう事です。
朝準備をして出勤し帰ってくる時間も決まってしまいますので、シャワーなどの朝の準備やトイレ、台所などの使用もシェアなので重なる場合があります。
それらの点も事前に確かめておく必要があります。



東京のシェアハウスでの生活の工夫

東京でのシェアハウスの生活では、色々と工夫をしてみるということも、より快適に生活ができる条件になります。
シェアをする家具などでは、冷蔵庫や洗濯機、テレビや掃除機、エアコン、調理器具などですが、たとえば冷蔵庫などは安いものを自分用で用意すると便利です。
気を使って利用するものの場合には、まわりに迷惑をかけない限り、自分専用のものを用意するということも必要です。
自室に置けるものと共用で十分なものを分けて使うということもより快適に生活ができる基本のノウハウになります。
その他マナーやルールも学ぶことがでますし、余ったものや貰い物などもシェアをすることもできます。
一緒に住むことになる人たちにもよりますが、ひとり暮らしでは経験ができなかったことも経験できるのが共同生活です。
また、外での生活ともバランスをとりながらシェアハウスを利用するのもノウハウのひとつになります。

次の記事へ